まこと不可思議おりてきたる言霊

令和2年7月31日の言霊
祈り合わせをするものは心して聞かなければいけない。何が何だか分からないが、幸せでしょうがない、家庭が円満でしょうがないという思いになることが人間の目的である、神はそのように道付けをしてできない場合は道を切り捨てる、冷酷であるが幸せは限られたものしか開かれない道である


令和2年7月30日の言霊
よく巷の仏教でいうただの念では人生には勝てない。病気になること、親子の断絶が起きること、次々と問題が起きることは念の仕業である。一生懸命生きていたのに幸せになれないのは全て念のなすところである。生まれることも死ぬことも自分の意思では何もできない。生まれた後から死ぬまでは大自然に生かされているのである。生かされている間にやることはこの問題である念、そのものを切り捨てるという修行である。人間が死ぬという状態は肉体と心がなくなる状態であるが念は生き続けている。怨念に限らず先祖本人子孫につながる罪獲、原罪なるものなのだ。

令和2年7月29日の言霊
自分には力がないと思っている人は必ず力のない状況をつくるものであり、病気になるのはかかった人の体の中にある原因をまず直さないからである。また今お金がないと意識している人は10年後になってもお金は絶対にない。頭の中でも何でもできるが、行動しない限り現実はその逆になってしまうのである。これは神の導き以前の問題である。

令和2年7月28日の言霊
願って求めてすがって幸せになった人はまだいない現実はもっとひどくなっているものが多い、素直に自らを表現して自ら求めるものを求めるものが神に慈悲をもらえるのである。
ここでよく記憶しなければならない。自分というのはご先祖様5代前からの生き様が表現されているのである。今自らの自分は5代前のご先祖様を表現し、今現在5代先を作っている最中なのである。この意味で私たちは今子孫自体を作っているのである。だからこそ徳を積む必要がある。今現在の愚かなる行為は全て自らの5代先の子孫に受け継がれるのである


令和2年7月27日の言霊
人間に雑念があるのは当たり前のことである。雑念を取り除こうとするところに狂いが生じるのである。善人は罪悪感に振り回されるのである。ものの考え方が立派でも生活が乱れていたら何にもならない。人というのは神の子である。もう一度自らを善人と思っているものはどうして善人であるのか、悪人であるものはどうして悪人であるか、もう一度考えるべきである、既存の宗教のお言葉をお題目にしてありがたがることをやってはいけないそれで罪を消えることはないのである。まず自分が神の子であることを自覚しよう。そこから開運は始まる

令和2年7月26日の言霊
人間でありながら人間が分からない人間が世の中には沢山います。人間でありながら人間が分からないために、もがき苦しんでいる人間がたくさんいます。人の生き方とは頭だけで渡れるものではありません。人の生き方とは理屈や理論だけでは渡れるものではありません。計算ずくで渡りきれるものでもなければ人生とは怖いながらも人生なのです。神に任せる生き方とはただひとつの正しい道であり、真理ではなく、神理である そして、はやいものがちである

令和2年7月25日の言霊
これ皆自業自得なり、知りつ知らざる差こそあれ、因と縁があるものぞ、そして陰陽もあるもので知る知らずして人生進んでも自覚反省懺悔なし努力精進を同行しても神や仏に祈願して神や仏に任し切る、その時その身その心、神や仏と共にあり、こころに迷いはなかりしか、悟りはなかりしか、高天原も天国も極楽浄土も目の前にあるのに何も求めない、それは自ら悟りを開かない自らが悪いのである

令和2年7月24日の言霊
物事をなす心がないのに、理解を得ようとしてもなかなか得られるものではない。この世の中で見えないものほど難しいものはないのです。心通りによく事を成すこと、これは非常に難しいだからこそ神も仏も人も同じことなのです。自分を信じ自分を磨き信仰の道に専念することこそたくさんの山を超えることができるのです。みんなの願いを受ける神仏は心の修練ないものに答えることは何もできないのであります。
だから願い事が成就しにくいのです
われ縁斬りをわざとするは、降臨来座したる神であるたたりがみ こんじんさまのなせるわざにほかならぬ

令和2年7月23日の言霊
手の先変える不可思議を知り、調べることこそ行であり、善きも悪気も霊感 霊示は受け手と受け手のご先祖の霊界でのレベル 序列による いかなる状況にあるか、先祖が欲するが故にこの導きに縁を持ったことを自覚すべきなのです

電話でのお問い合わせはこちら

mail  tanaka666kou@gmail.com

九尾の狐大明神様に降神していただき、筮竹により、あなたの運気を見させていただきます。稲荷の八霊を見て、あなたに憑いておられる憑依狐を見ます。また生年月日から四柱推命、姓名判断を見て、別れ、縁切り、ふさわしくない現況を招いた原因をさぐります。

お授け品

お焚きあげ ひとがた

縁切りしたいお相手のお名前、生年月日など因縁にまつわるしるしを記載ください

河川にて禊ぎ清める祈願依頼者のひとがた

縁切りをお願いされる方の生年月日、姓名などのしるしをお書きください

縁切り 稲荷堂  岡山の縁切り占い祈祷

営業時間 平日:10時~20時
土日祝:9時~18時
受付 平日:19時まで
土日祝:17時まで
定休日 お困りのときはいつでもご連絡をお待ちしております。
見料 1000円
スタッフ数 霊師 3名
駐車場 有り(3台)
住所 岡山県瀬戸内邑久町本庄2500ー2
稲荷堂
  • 筮竹 易占 昼夜転換法によるあなたの動き方 相手の動き方を見ます
  • 占いにより運気を見ます。お悩みをうかがい、あなたの動き方による結果、相手の動き方による結果、運勢変化をはじめとする見ます。受け入れたくない結果が内容的に含まれることがあります。鑑定結果を目安として受け止められる方のみ申し込みください

特別祈祷について 

依頼内容をおうかがいし、ノロイアワセの形を取りますが、すぐにお受けできない場合もございますので、了解ください。なお、わら人形、八卦鏡、五徳、木釘、木槌、自分を祓うひとがた、お炊き上げに使うお相手のひとがたは今はお待ちいただかないとお世話できません。お問い合わせください。  

のろいがけのわら人形

のろいがけは当方では祈り合わせの形を取ります、のろいがけの時には数名の同席する方を準備していただく必要がございます。うしのこくまいりをお考えのかたにも祈り合わせのために数名のご参加をお願いいたしております。 
ご祈祷、のろいがけ、祈り合わせのときに感情の高まりや憑依により、トランス状態、絶叫、失神などされるかたがおられます。かならず数名の祈り合わせをお願いしております。

関連ホームページ  稲荷堂

https://exqkv.crayonsite.net/ 

https://j2apz.crayonsite.info

ホームページランキング参加中

powered by crayon(クレヨン)